• 事務所案内
  • 経営理念
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • こんなお悩みありませんか?
  • 会社経営のこんな相談、誰にしたらいいの?
  • 銀行との付き合い方が分からない!
  • 創業時に資金調達をしたい!
  • 資金繰りが厳しく、銀行借入金を返せない!
  • 事業承継の相談相手がいない後継者の悩み

著書・DVDのご案内

著書紹介

お問い合わせ

無料相談

所長のプライベートページ

少年時代

昭和45年11月に福岡県太宰府市に生まれる。 小学校時代は、釣りに熱中する一方、子ども会の会長を務める。

中学校時代はそこそこ強い卓球部のキャプテンを務めるが、「卓球は暗い、陰気くさい」という周囲の声が強く、高校からは女性に人気のあるスポーツをすることを決意する。


青春時代

・昭和61年4月  福岡県立筑紫丘高等学校 入学
・平成元年3月 福岡県立筑紫丘高等学校 卒業

県内有数の進学校、かつ、花園出場の常連校でもある高校で、学問とラグビーの文武両道を目指すはずが、ラグビー漬けの高校生活を過ごす。泥臭いイメージがあるからか、又は個人的理由かは不明だが、高校時代も女性にはもてず。オール福岡候補に選出される。結果的に花園にも出場できず、2年間の浪人生活を余儀なくされる。


青年時代

・平成3年4月  大阪大学経済学部 入学
・平成7年3月  大阪大学経済学部 卒業

体育会ラグビー部で副キャプテンを務める。ラグビーと麻雀漬けの大学生活を過ごす。大阪でも有数のフリー雀荘のオープントーナメントで、初出場でいきなり優勝する。

行員時代

・平成7年4月  住友銀行(現 三井住友銀行) 入行
・平成10年2月  住友銀行(現 三井住友銀行) 退職

ラグビー部の先輩に誘われて、何も考えずに住友銀行に入行する。「お前なら頭取になれる」という言葉をまともに信じていた。専門的スキルの不足、及び大きな組織での仕事は自分には向かないこと、を痛感して銀行を辞めることを決意する。職人的仕事内容に魅力を感じて税理士を目指す。


独立開業まで

・平成10年10月  公認会計士播摩和夫事務所 入所 
・平成18年7月  公認会計士播摩和夫事務所 退職

大手会計事務所に就職して、働きながら税理士・中小企業診断士の資格を取得する。税務実務はもちろん、各種コンサルティング、組織再編、大規模相続、倒産関連など、通常の会計事務所では経験できない業務を行う。独立開業の夢をかなえるために退職。この当時から、趣味で海のルアーフィッシングに夢中になる。


独立開業~現在

・平成18年8月 石橋経営会計事務所 開設
自らが経営者となって、顧問先の経営者の重責をあらためて思い知る。

・平成19年10月 初めてのスタッフを採用
自らが雇用主となって、顧問先の経営者の重責を更に思い知る。

・平成26年7月 顧問先の幸せのために充実した仕事、そして頼りになるスタッフも増え、趣味のルアーフィッシングも充実中。